職業体験の一環で工場見学をおこないました。

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

加古川市による、地域に学ぶ「トライやる・ウィーク」の一環として、工場見学を行いました。

 

この「トライやる・ウィーク」は、中学2年生が学校を離れた1週間の体験活動をとおして、自分自身を見つめ、
自分なりの生き方を見つけるために平成10年(1998年)に始まりました。

 

今回、加古川市の建設会社である前川建設株式会社様と、株式会社松本工務店様が、「トライやる・ウィーク」の
体験活動として、加古川市立中部中学校の学生を受け入れました。

 

建設会社の仕事を体験する一環で、建設資材であるコンクリートの製造設備を見学したいと、本協組組合員である
マツバ商事株式会社へ工場見学の依頼がありました。

 

2022年6月6日(月)に7名の学生をマツバ商事で受け入れ、工場見学を実施しました。

 

工場関係者より挨拶と注意事項の説明があり、見学が始まりました。兵庫青年部が誘導とサポート担当しました。

 

 

プラントを遠隔操作するための操作盤の前に集まり、説明を受けながら生コンクリートが練り上げられる工程を、熱心に
見学していました。

 

 

ミキサー車に積まれた生コンクリートを、1輪車へ降ろし試験室へ。

 

 

先ずは工場関係者がスランプ試験と、空気量試験をお手本として行い、次に学生さんたちに体験していただきました。

 

 

ほとんどの学生さんに試験を体験していただけたので、とても良かったです。

 

 

最後にコンクリート供試体の、圧縮破壊試験を見学して頂き、見学会を終えました。

 

 

我々の業界のことを若い方に知って頂く、良い機会となりました。今後も依頼があれば積極的に見学会を実施し、一人でも
多くの方が生コンクリートの業界に興味を持ち、就職して頂くことに繋がるよう、活動してまいります。

© Osaka Kouiki Ready-mixed Concrete Cooperative Association.
PAGE
TOP