兵庫県太子町と防災協定を締結しました

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

2021年5月28日

大阪広域生コンクリート協同組合は兵庫県太子町と「災害時における消防用水等の供給支援協力に関する協定」の調印式を行いました。

 

太子町長の挨拶の後、調印式が執り行われました。

この協定は、

・大規模災害時の火災が発生した際の消防用水や生活用水の供給要請に対する協力

・平常時における防災訓練と防災啓発活動の協力

の2点を目的としています。

 

大地震などの大規模災害が同時多発的に発生した場合、上水道管が破断し、消防用水や生活用水といった水が不足することが予想されます。

そこで、当協同組合加盟工場が所有するコンクリートミキサー車による消防用水等の緊急搬送への貢献が期待されています。

 

今後は、定期的な防災訓練を実施し、有事の際にスムーズに対応出来るよう連携を図っていくことを太子町長、当協同組合理事長の両名で確認し、調印式は無事終了しました。

 

 

今回の協定締結について、兵庫県太子町でのホームページでも紹介されています。

是非ご覧下さい。

http://www.town.hyogo-taishi.lg.jp/machi_photo/new/1622183563823.html

© Osaka Kouiki Ready-mixed Concrete Cooperative Association.
PAGE
TOP