12月度 対策本部長のご挨拶

師走の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

今からおよそ1年前の2017年12月12日に連帯関西地区生コン支部(以下、連帯)によって、大阪広域組合員工場及び各SSにゼネストと称した威力業務妨害事件が発生しました。大阪広域はすぐさま『威力業務妨害・組織犯罪撲滅対策本部』を設置しこの問題に対応致しました。

 

数年前、生コン各社の過当競争による共倒れの危険を回避し、適正な販売価格を維持することにより、生コン業界全体の安定・存続を目指し大同合併の道を選びました。

これは生コン会社の利益のみを考えたものではなく、生コン会社はもちろんのこと原材料業者、輸送業者、更には生コン業界の仕事に従事している多くの労働者の生活向上を目指したものでした。

大同合併を成功させる為には、共同販売事業を行い適正な販売価格で生コン会社の経済的基盤を十分に確保していく事、そして、その為に連帯によって繰り返されてきた解決金を目的とした威力業務妨害や恐喝・恫喝・嫌がらせ行為の数々を止めさせる事が不可欠でした。連帯は、過当競争により弱りきった生コン会社に更に追い打ちを掛け、会社が倒産するまで金を搾り取る、生コン業界の癌のような存在でした。

そこで、連帯を始めとする労働組合とは労使協調路線を採ることを互いの約束とし、大同団結後は大阪広域の行う事業を妨害しない代わりに、労働者の福利厚生のための資金を提供し、また連帯が関与する生コン会社の工場を構造改善事業により買い上げることなどを約束し、実行して参りました。

ところが、連帯は労働者の福利厚生のために提供したはずの資金を福利厚生には使わず、それ以外の目的のために流用している疑いが生じるとともに、大阪広域が行う構造改善事業に対しても、これを妨害し、巨額の解決金の支払いを求めるなどの不法行為を行うようになりました。

そのため、大阪広域は、資金の提供を中止する措置を講じざるを得ませんでした。

この流れを受けて、12月12日の威力業務妨害事件が起こります。

武建一率いる連帯は己の自己都合で労使関係のない大阪広域組合員工場や各SSに押しかけ暴言・暴力を駆使し出荷業務を妨害したのです。

すなわち、この威力業務妨害事件の実態は、打ち切られた生コン会社からの資金提供を継続させることを目的として行われたもので、いわば金銭目的・私利私欲の為だったわけです。

大阪広域は証拠を集め当局に被害届を出し、関係各所と連携を取りながら生コンクリート業界全体で連帯完全排除に向け、この問題に取り組んでまいりました。

その結果連帯に対し当局の大掛かりな家宅捜索、また7月には滋賀県警組織犯罪対策課が連帯関係者を逮捕。それを皮切りに大阪府警本部や滋賀県警による度重なる逮捕劇は8月、9月、10月、11月と続いて行きました。

これは、連帯が広範囲に渡り長期的な犯罪行為を行っていたことを裏付けるには十分ではないでしょうか。

また常々大阪広域が訴えてきた「連帯=組織犯罪集団」という主張が世間的に認められたといっても過言ではないでしょう。

連帯の、嫌がらせ行為は過去から多岐に渡り繰り返し行われてきたことは間違いない事実であります。今回の威力業務妨害事件も運賃値上げの為のゼネストだと言い張っていたが、それではなぜ輸送協は連帯から離れていったのか。大阪広域が連帯を攻撃していると声を大にして主張しているが、大阪広域は静観を貫いて事実だけをお伝えしているだけです。いずれにせよ、この先の公判で色々と真実が明らかになっていく事でしょう。

また、これを機に連帯と決別、もしくは係争案件に持ち込もうと思ってらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。まだ連帯の影におびえている方もいらっしゃると思いますが、ぜひともこの悪しき団体を撲滅するためにも立ち上がっていただきたい。

来年も、引き続き関係当局による摘発は続くものと思われます。大阪広域も手を緩めることなく、初心に戻りこの問題に立ち向かってまいります。

 

最後になりますが、平素からご協力して頂いております関係各位の皆様方におかれましては今年一年大変お世話になりました。

寒さも日々厳しさを増しております、お体には十分気をつけて新年をお迎え下さい。
来年も益々のご声援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

© Osaka Kouiki Ready-mixed Concrete Cooperative Association.
PAGE
TOP