工事現場に「生コンクリート」を配達する

90分以内に工事現場に納入しないとダメなんだ!生(なま)コンクリートを積(つ)み込(こ)んだミキサ車(しゃ)は、ドラムと呼(よ)ばれる荷台(にだい)を回転(かいてん)させながら運(はこ)びます。これは中(なか)の生(なま)コンクリートの品質(ひんしつ)が変(か)わらないように配達(はいたつ)するためなんだ。ドラムの中(なか)は渦巻(うずま)きのようになっていて、運(はこ)ぶ時(とき)はミキサ車(しゃ)の後(うし)ろから見(み)て時計回(とけいまわ)りに回転(かいてん)させ、生(なま)コンクリートを出(だ)すときは反対回転(はんたいかいてん)させるよ。
※ミキサ車(しゃ):ほんとうは“アジテータ車(しゃ)”って言(い)うんだよ

工事現場に着いたら…

いろんな方法(ほうほう)で生(なま)コンクリートをすみずみまで詰(つ)めます。

工事現場に着いたらいろんな方法で生コンクリートをすみずみまで詰めます。