3労働組合への申入書

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(以下、連帯労組)は武建一執行委員長主導の下、
平成29年12月12日から産業ゼネストと称し、生コンクリート工場に材料が入らないように、
労使関係の無い約40ヵ所の各セメントメーカーSS(サービスステーション)で約250人の連帯労組員を使い、威力業務妨害を行いました。
連帯労組は5つの労働組合で構成される「関西生コン関連労働組合連合会」全体のゼネストと主張した為、他の労働組合に確認を行いました。



 

公式文書一覧